爆速でファイルがコピーできる?FastCopyを使ってみた

ソフト検証

FastCopyは商用利用は有償ですが、当ブログは収益を得ていないため個人向けライセンスで使用しました。

ファイルコピー

例えばCドライブからバックアップ用のHDDにデータを移動するとき、サイズによっては時間がかかりますよね?

正直言って私は暇人なので待つことはできます。なので完全にどんなものなのか、見てみたいなぁって感じ。

使うソフト

FastCopy

冒頭にも書きましたが、職場での利用などには有償ライセンスが必要です。永久ライセンスで5280円ですので、まぁそこまで高くはないのかなと。

見た目

とてもシンプルな見た目ですね。

どうでもいいけどShareXでMacのスクリーンショット風に設定しました。影までついていい感じ。

使い方

転送するファイル・フォルダの選択

Sourceボタンからファイル・フォルダを選ぶか、ドラッグアンドドロップでも大丈夫です。

転送先の選択

DestDirボタンから転送先を選択します。

あとは…

あとは実行ボタンを押すだけです。

結果

今回テストに使ったのは、音声作品をダウンロードしてあるフォルダです。そしてUSB接続のHDDなので若干遅めなんです。

サイズは34.7GBです。大きい。

途中。一番下のボックスに現在処理中のファイルが表示されますが、音声作品(R-18)だったのでぼかしをかけています…()

タスクマネージャーはこんな感じだよ。うんまぁ。そこそこ。

コピーにかかった時間は3:30ってとこ、平均177MB/sです。

んで普通にエクスプローラーからコピーしました。なんか3:13って出ました。

え?

なんとね、普通にやった方が速いっていう。うーん、なんなんだろうこれ。

ちなみにSSDからSSDは

こんな感じ。1秒間に10個のファイル。01:17かかっていまして、対して普通にコピペは01:22ってことで微妙に早かった。

なにこれ?

以上

以上です。とりあえず言えることは、まぁ使わなくてもいいかなってこと。

多分近いうちにWD_BLACK買うのでちょっと速くなると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました