無料でMisskeyのサーバーを立てたいの会

Misskey

Misskey

Misskeyはオープンソースの分散型のSNSで、ユーザーが好きにインスタンス(サーバー)を立ててそこに登録して使います。

もちろん、misskey.io といった公式サーバーもありますので。

とはいえ趣味とか仲間内でもサーバーを立ててそこに投稿するといった運用ができるわけです。

サーバー

ホストとして何を使うかは自由だと思います。私はお金をかけたくないのでGCEの無料枠を使いますが、もちろんVPSとか自宅鯖でもいいと思います。

近いうちにポート開放不要で自宅Misskey鯖を外部公開する方法の記事を上げようと思います。

ま、それはどうでもいいですけど、サーバーはGCEの無料枠を使う、これが今回取る方法です。

人は入れなくてもいいや、自分がメモとして使ったりTwitterでつぶやくほどでもないなみたいなそんなことを投稿する場として、、、

事前準備

無料とは言いましたが、ドメインにはお金がかかりますので、ドメインは適当に取ってきてください。

あとGoogleCloudのアカウントもね。

GCEのインスタンスをニョキっとさせる

まずはGCEのインスタンスを立てます。

VMインスタンスを作成をクリックして

マシンタイプはe2-microを選択。

ブートディスクの変更ボタンをクリックして

上のように変更

ファイアウォールはHTTPとHTTPSを許可するように

詳細オプションよりネットワーキングを開いて

ネットワークインターフェースのdefaultをクリック

外部IPv4アドレスをクリックして静的外部IPアドレスを予約をクリック

名前と必要に応じて説明を入れ予約

こうなりゃOK。

あとは作成するだけ。

ドメインの設定

ドメインの設定などについては済んでいるものとして話を進めます。

私はDNSレコードなどの管理をCloudflareで行っていますのでCloudflareでの設定方法です。

インスタンス一覧から外部IPアドレスをコピーできるのでコピーして

あとはAレコードのIPv4アドレスをインスタンスのIPアドレスにするだけ。
プロキシは任意。

どうでもいいけどSSL/TLSの暗号化モードをフルにしている記事が多いのでしてみました。

意味あるのかわからんけども。

サーバーをインストール

では

一覧から接続>SSHをクリックしてインスタンスに接続してください。

接続できたらとりあえずアップデートを済ませましょう。

sudo apt update && sudo apt upgrade -y && sudo shutdown -r now

あとは公式のページを参考に進めていくだけです。

wget https://raw.githubusercontent.com/joinmisskey/bash-install/main/ubuntu.sh -O ubuntu.sh; sudo bash ubuntu.sh

以下はインストール時のログです(適宜ぼかしを入れています|コメントも)

Install Method
Do you use systemd to run Misskey?: #misskeyをsystemdで動かすか
Y = To use systemd / n = To use docker
[Y/n] > n
Use Docker.
Determine the local IP of this computer as docker host.
The IPs that are supposed to be available are as follows (the result of hostname -I)
        10.138.0.2 
> 10.138.0.2
The host name of docker host to bind with 'docker run --add-host='.
> docker_host
Do you use image from Docker Hub?: #DockerHubにあるイメージを使うか
Y = To use Docker Hub image / N = To build Docker image in this machine
[Y/n] > y
Use Docker Hub image.
Enter repository:tag of Docker Hub image:
> misskey/misskey:latest
Misskey setting

Enter the name of user with which you want to execute Misskey: #実行するユーザー名
> misskey

Enter host where you want to install Misskey: #インストールするホスト名(さっき設定したやつ)
> misskey.ziaenso.net
OK, let's install misskey.ziaenso.net!

Nginx setting
Do you want to setup nginx?: #nginxを使うか
[Y/n] > y

Do you want it to open ports, to setup ufw or iptables?: #ポート開放はufwを使うか
u = To setup ufw / i = To setup iptables / N = Not to open ports
[u/i/N] > u
OK, it will use ufw.
SSH port: 
> 22

Certbot setting
Do you want it to setup certbot to connect with https?: #sertbot使ってhttpsにする?
[Y/n] > y
OK, you want to setup certbot.

Cloudflare setting
Do you use Cloudflare?: #Cloudflare使う?
[Y/n] > n
OK, you don't use Cloudflare.
Let's encrypt certificate will be installed using the method without Cloudflare.

Make sure that your DNS is configured to this machine.

Enter Email address to register Let's Encrypt certificate #Let's Encryptに使うメアド
> mail@ziaenso.work
Tell me which port Misskey will watch: 
Misskey port: 
> 3000

Database (PostgreSQL) setting
Do you want to install postgres locally?:
(If you have run this script before in this computer, choose n and enter values you have set.)
[Y/n] > y
PostgreSQL will be installed on this computer at docker_host:5432.
Database user name: 
> misskey
Database user password: 
> password
Database name:
> mk1

Redis setting
Do you want to install redis locally?:
(If you have run this script before in this computer, choose n and enter values you have set.)
[Y/n] > y
Redis will be installed on this computer at docker_host:6379.
Redis password:
> password

OK. It will automatically install what you need. This will take some time.

あとは気長に待つだけです。英語読めれば楽勝よ。

以上

以上です。次回は…オブジェクトストレージの設定あたりを攻めようかなと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました